自分でできるトイレ交換

トイレ交換は自分ですることができます。


水回りの交換なので、水漏れをしないように交換することがポイントです。まずタンクに繋がっている配水管の栓を止め水を抜いていきます。

Ameba Newsはこちらのサイトで情報公開中です。

タンク内の水は、水を流すことで抜けますが、便器にたまった水は灯油用ポンプなどで水抜きをします。

水を抜いておかなければ室内が水浸しになるので、可能な限り水を抜きます。
水を抜き終わった後は、タンクと便座を取り外します。

給湯器交換情報もきっとあるはずです。

樹脂性ナットや金属性ナットなど材質が異なるので、モンキーレンチやドライバーなどで外します。

便座を外し終わると床に穴が開いた状態になります。

穴の周囲にあるプラスチック製の輪上の部品がフランジです。

フランジの内側にある粘着性の部品がPシールガスケットです。

このシールガスケットが便器株の水漏れ防止をしている部部品です。

劣化しやすいので、フランジを綺麗にした後は、新しいシールガスケットに交換します。

次に便座の心臓部である新しいアジャスターを取り付けます。


アジャスターのパイプ位置によってタンクや便座の位置が決まります。
正確にパイプの長さを測り、綺麗に切断し水漏れが無いようにアジャスターに接着し、フランジとガスケット一緒に床に固定します。
アジャスターが床に固定できれば、便座とタンクをナットで固定していきます。

便座やタンクは陶器製です。ナットを締めすぎて破損しないように気を付けます。最後に、配水管を繋ぎとめていた栓を開ければトイレ交換作業は終了です。作業後は、水を流し、水漏れ確認をします。

トイレ交換作業は、自分で行うことができますが、水漏れの不安がある場合は、業者に頼むと良いでしょう。